がんの腕のむくみ、リンパ浮腫に対する筋トレは安全かつ効果的!

前回は、ウォーキングが上肢のリンパ浮腫改善に効果があるかもしれないといった論文を紹介しました。

がんの腕のむくみ、リンパ浮腫に対するウォーキングの効果

2022年2月7日

下肢の運動のようなウォーキングでも上肢のリンパ浮腫を改善させるかもしれないのは驚きですね。

ただし、運動がリンパ浮腫を改善させる機序としては、一番は筋ポンプ作用が考えられます。

がんのむくみ、リンパ浮腫に対する運動の効果【ガイドライン解説】

2022年2月6日

それを考えると、上肢のリンパ浮腫に対しては、上肢の筋トレを行うのが理にかなっているような気がします。

しかし、一般的には筋トレのような運動は、むしろ控えるように指導されることも多いようです。

そこで今回は、乳がんリンパ浮腫患者に対してウェイトリフティングを行うことの安全性と効果について調査した論文を紹介します。

消費カロリー、歩数などを記録。ランニングの走路を表示できる。【EarBand (V08S/J】
まとめ
・乳がんリンパ浮腫患者に対してウェイトリフティングを行うことの安全性と効果について調査した論文を紹介。

・1年間のトレーニングで、ウェイトリフティング群とコントロール群では、浮腫の悪化に差はなかった。。

・自覚症状においては、ウェイトリフティング群が有意に改善していた。

・まずは、監視下で適切な運動負荷の調整を行えば、そのあとは自主練習でも安全かつ効果的のようである。

今回紹介する論文の概要

今回紹介する論文は、乳がんリンパ浮腫患者に対してウェイトリフティングを行うことの安全性と効果について調査したという内容になっています。

「Schmitz KH, Ahmed RL, Troxel A, et al. Weight lifting in women with breast-cancer-related lymphedema. N Engl J Med. 2009 Aug 13;361(7):664-73.」

2009年に発行された論文です。

消費カロリー、歩数などを記録。ランニングの走路を表示できる。【EarBand (V08S/J】

対象

A total of 141 women with a history of breast cancer and current lymphedema were recruited from October 2005 through March 2007; follow-up was completed by August 2008. Recruitment methods included letters sent by state cancer registries, advertisements and interviews, and flyers. Eligible women had a history of unilateral nonmetastatic breast cancer 1 to 15 years before study entry and a body-mass index (BMI, the weight in kilograms divided by the square of the height in meters) of 50 or less, were not actively trying to lose weight, and had no current evidence of cancer, no medical conditions that would limit exercise, no history of weight lifting during the previous year, at least one lymph node removed, and a clinical diagnosis of stable breast-cancer–related lymphedema. Lymphedema was defined as a difference in the volume or circumference between the affected and unaffected limb of 10% or more or, according to Common Toxicity Criteria,17 arm swelling, obscuration of the anatomical architecture of the arm, or pitting edema. If a woman reported having lymphedema but it was not evident at study entry, she was required to provide written documentation of a previous clinical diagnosis of lymphedema and treatment from a certified lymphedema therapist.18 Stable lymphedema was defined as the absence in the past 3 months of therapist-delivered treatment, more than one arm infection requiring antibiotics, change in ability to perform activities of daily living, and verified changes in arm swelling of more than 10%.

Schmitz KH, Ahmed RL, Troxel A, et al. Weight lifting in women with breast-cancer-related lymphedema. N Engl J Med. 2009 Aug 13;361(7):664-73.

2005年10月から2007年3月まで、乳がんと現在のリンパ浮腫の病歴を持つ合計141人の女性が採用されました。

リンパ浮腫の定義は上肢の体積が反対側と比べて10%以上大きいとしています。

消費カロリー、歩数などを記録。ランニングの走路を表示できる。【EarBand (V08S/J】

介入内容

Participants assigned to the weight-lifting group received a 1-year membership at a community fitness center (e.g., a YMCA) near their home. For the first 13 weeks, women were instructed, in small groups in a 90-minute session, twice weekly. Certified fitness professionals employed by the fitness centers led these sessions, which included stretching, cardiovascular warm-up, abdominal and back exercises, and weight-lifting exercises. Upper-body exercises included seated row, chest press, lateral or front raises, bicep curls, and tricep pushdowns. Lower-body exercises included leg press, back extension, leg extension, and leg curl. Weight-lifting exercises were introduced with little-to-no resistance. One to three new exercises were taught per session. During the first 5 weeks, participants increased their number of sets of each exercise per session from two to three, with 10 repetitions per set. If no changes in symptoms were noted for a particular exercise after two sessions at a given weight, the resistance was increased by the smallest possible increment. If fatigue prevented the completion of a third set of 10 repetitions of a given exercise with proper biomechanical form, resistance for that exercise would remain the same at the next session. After two sessions at which three sets of 10 repetitions could be performed with proper form at a given level of resistance, without changes in arm and hand symptoms, the trainer guided the participant to increase the resistance by the smallest possible increment at the next session. No upper limit was placed on the weight to which women could progress in any exercise. During lymphedema exacerbations, women continued all exercises except the upper-body exercises, which were resumed only after approval of their lymphedema therapist, with resistance reset to the lowest possible level and then increased again as described above. After the first 13 weeks, participants continued twice-weekly unsupervised exercise for 39 additional weeks. Throughout the study, fitness trainers telephoned women who missed more than one session per week. Participants in the control group were asked not to change their exercise level during study participation and were offered a 1-year fitness-center membership, with 13 weeks of supervised instruction, after study completion. The exercise protocol and the sequence in which the exercises were taught are available on request.

Schmitz KH, Ahmed RL, Troxel A, et al. Weight lifting in women with breast-cancer-related lymphedema. N Engl J Med. 2009 Aug 13;361(7):664-73.

参加者をウェイトリフティング群とコントロール群の2群に分けています。

ウェイトリフティング群は、最初の13週間は指導者の監視のもと、週に2回、90分間のセッショングループレッスンを行っています。

これには、ストレッチ、有酸素運動、腹部と背中のエクササイズ、ウェイトリフティングのエクササイズが含まれます。上半身のエクササイズには、着席列、チェストプレス、横または前の挙上、上腕二頭筋のカール、および上腕三頭筋のプッシュダウンが含まれていました。

下半身のエクササイズには、レッグプレス、背中の伸展、脚の伸展、レッグカールが含まれていました。

13週間は、指導者が様子を見ながらセット数や運動負荷を徐々にアップしています。

最初の13週間後、参加者はさらに39週間、週2回の運動を、指導者の監視なしで行っています。

もちろん、運動はスリーブを装着して行っています。

消費カロリー、歩数などを記録。ランニングの走路を表示できる。【EarBand (V08S/J】

結果


Smoot B, Zerzan S, Krasnoff J, et al. Upper extremity bioimpedance before and after treadmill testing in women post breast cancer treatment. Breast Cancer Res Treat. 2014 Nov;148(2):445-53.600

12か月の時点で、ウェイトリフティングの参加者は、ベンチプレスとレッグプレスで測定した場合、コントロール群よりも体力が向上していました。

12か月間の食事、身体活動、および体組成の変化は、2つのグループ間で有意差はありませんでした。。


Smoot B, Zerzan S, Krasnoff J, et al. Upper extremity bioimpedance before and after treadmill testing in women post breast cancer treatment. Breast Cancer Res Treat. 2014 Nov;148(2):445-53.600

12か月後のリンパ浮腫増悪はウェイトリフティング群11% vs コントロール群12%と2群に差はありませんでした。

他覚的な増悪所見はウェイトリフティング群14% vs コントロール群29%と,ウェイトリフティングの効果を認めております。

消費カロリー、歩数などを記録。ランニングの走路を表示できる。【EarBand (V08S/J】

結論

In conclusion, the results of this study reduce concerns that weight lifting will worsen arm and hand swelling associated with lymphedema in breast-cancer survivors. These findings support the potential benefits of a slowly progressive weight-lifting program in women with breast-cancer–related lymphedema, in conjunction with appropriate use of compression garments and close monitoring for arm and hand swelling.


Smoot B, Zerzan S, Krasnoff J, et al. Upper extremity bioimpedance before and after treadmill testing in women post breast cancer treatment. Breast Cancer Res Treat. 2014 Nov;148(2):445-53.600

ウェイトリフティングが乳がん生存者のリンパ浮腫の腫れを悪化させるという懸念を減少させます。

まずは、監視下で適切な運動負荷の調整を行えば、そのあとは自主練習でも問題ないようですね。

残念ながら浮腫の改善という結果まではないですが、浮腫を増悪させずに、自覚症状の改善が期待できるようです。

筋トレは控えていた皆様も、軽めの筋トレから徐々に開始するくらいはいいかもですね。

消費カロリー、歩数などを記録。ランニングの走路を表示できる。【EarBand (V08S/J】
まとめ
・乳がんリンパ浮腫患者に対してウェイトリフティングを行うことの安全性と効果について調査した論文を紹介。

・1年間のトレーニングで、ウェイトリフティング群とコントロール群では、浮腫の悪化に差はなかった。。

・自覚症状においては、ウェイトリフティング群が有意に改善していた。

・まずは、監視下で適切な運動負荷の調整を行えば、そのあとは自主練習でも安全かつ効果的のようである。

注意
このブログは、ガイドラインや論文などの根拠をもとに情報を発信していく予定です。

しかし、がんの病態や治療方法によっては、お読みになっているがん患者さんにはその情報が当てはまらない場合もあります。

記事の内容を参考に新しく何かを始める場合には、担当の医師や医療従事者にご確認いただくようお願いいたします。

       興味があったらシェアしてください