進行がん、悪液質の患者さんは運動についてどのように感じているのか?

今回は、進行がん患者さんや悪液質患者さんの運動に対する認識についてインタビューを実施した論文を紹介します。

以前、乳がんサバイバーが身体活動量向上のためにどのように考えているかをまとめた論文を紹介しました。

がん患者の活動量を阻害・向上させる要因は?

2022年5月5日

がん患者さんが実際にどのように考えているかを理解できるのは非常にありがたいですよね。

 

一方で、進行がん患者さんにとっても運動を行うことが効果があることを紹介しましたが、

高齢進行がん患者でも、ややきつい筋トレは効果的

2021年4月10日

進行がん患者さんは身体や精神症状が強かったりして、なかなか運動できないことも多いですよね。

実際に運動に対してどのような印象を持っているのでしょうか?

やっぱりがん患者さんがどのように感じているのかってのは大事ですよね。

 

そこで、今回は、進行がん患者さんや悪液質患者さんの運動に対する認識についてインタビューを実施した論文を紹介します。

まとめ
・進行がん患者さんや悪液質患者さんの運動に対する認識についてインタビューを実施した論文を紹介。

・参加者の3分の2は、重篤な栄養不良と考えられ、身体活動レベルでは、4人(20%)が十分に活動的、2人(10%)が中程度に活動的、14人(70%)が不十分だった。

・インタビューの回答の結果は、「がんと悪液質による生活の乱れ」、「運動は希望を与える」、「運動の障壁は多面的である」、「運動へのアクセスとサポートが重要」の4つのテーマに分類できた。

・進行がんの診断と悪液質の経験が、身体的に活動する能力を含め、患者の生活を激しく混乱させていた。

・運動は参加者の希望に火をつけ、コントロールを取り戻し、健康やウェルビーイングをよりよく管理することができる。

・運動を促進するために、専門的に監督され構造化された運動、社会的支援、便利な運動オプションが必要と思われる。

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
格安卸売通販サイト[e-fitpro]

今回紹介する研究の概要

今回紹介する論文は、進行がん患者さんや悪液質患者さんの運動に対する認識についてインタビューを実施した内容になっています。

「Bland KA, Krishnasamy M, Parr EB, et al. “I want to get myself as fit as I can and not die just yet” – Perceptions of exercise in people with advanced cancer and cachexia: a qualitative study. BMC Palliat Care. 2022 May 17;21(1):75. doi: 10.1186/s12904-022-00948-x.」、2022年に発行された最新の論文です。

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
格安卸売通販サイト[e-fitpro]

対象

Eligible participants were adults (≥ 18 years) with metastatic or locally advanced cancer (e.g., unresectable cancer or a larger tumor that has spread to nearby lymph nodes or tissues) with cachexia (i.e., involuntary body weight loss > 5% over the previous six months; or weight loss > 2% and body mass index (BMI) < 20 kg/m2) [1]. Participants were excluded if they had an expected survival of < 3 months, were receiving parenteral nutrition or enteral nutrition via a feeding tube, were less than four weeks post-surgery, had full-time reliance on a mobility aid (e.g., wheelchair) for all day-to-day activities, or were unable to communicate in English.

Bland KA, Krishnasamy M, Parr EB, et al. “I want to get myself as fit as I can and not die just yet” – Perceptions of exercise in people with advanced cancer and cachexia: a qualitative study. BMC Palliat Care. 2022 May 17;21(1):75. doi: 10.1186/s12904-022-00948-x.

対象は、悪液質(すなわち、過去6ヵ月間に不随意的に5%を超える体重減少;または2%を超える体重減少およびBMI<20kg/m2)の転移性または局所進行がんの成人(18歳以上)20名です.

予想生存期間が3ヶ月未満、非経口栄養または栄養チューブによる経腸栄養を受けている、術後4週間未満、すべての日常生活において移動補助器具(例:車いす)に全面的に依存している、または英語でのコミュニケーションが不可能である場合は除外されました。

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
格安卸売通販サイト[e-fitpro]

方法

Bland KA, Krishnasamy M, Parr EB, et al. “I want to get myself as fit as I can and not die just yet” – Perceptions of exercise in people with advanced cancer and cachexia: a qualitative study. BMC Palliat Care. 2022 May 17;21(1):75. doi: 10.1186/s12904-022-00948-x.

こちらがインタビューの内容になります。

  1. あなたは現在、何らかの運動や身体活動を行っていますか?
  2. がんの診断やがん治療は、あなたの日常的な活動レベルや動く能力に影響を及ぼしましたか?
  3. 身体的に活動的であることはあなたにとって重要ですか?
  4. 現在の状況で、身体を動かしたり、運動したりすることが困難な理由は何ですか(あるとすれば)?
  5. 身体活動や運動をする気にさせるもの、またはさせる可能性のあるものはありますか?
  6. がんと診断された後、活動的になることや運動に参加することについて、誰かに話を聞いたことがありますか?
  7. どのような運動がいいか、あなたの考えをお聞かせください。
  8. その他、言及または議論したい分野/事柄があれば教えてください。

30分の1対1の半構造化インタビューが、電話またはビデオ会議によって行われ、参加者は全員、自宅のプライベートな空間でインタビューに答えています。

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
格安卸売通販サイト[e-fitpro]

結果

Bland KA, Krishnasamy M, Parr EB, et al. “I want to get myself as fit as I can and not die just yet” – Perceptions of exercise in people with advanced cancer and cachexia: a qualitative study. BMC Palliat Care. 2022 May 17;21(1):75. doi: 10.1186/s12904-022-00948-x.

参加者(平均年齢:61±13歳)のがんの種類は多様でした。

ほとんどの患者が転移性疾患を持ち、9割の患者が治癒不可能ながんと診断されていました。

参加者の3分の2は、重篤な栄養不良と考えられ、身体活動レベルでは、4人(20%)が十分に活動的、2人(10%)が中程度に活動的、14人(70%)が不十分でした。

 

インタビューの内容を解析すると、4つのテーマに分類できました。

それぞれのテーマは、「がんと悪液質による生活の乱れ」、「運動は希望を与える」、「運動の障壁は多面的である」、「運動へのアクセスとサポートが重要」です。

それでは、インタビューの内容を見ていきましょう。

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
格安卸売通販サイト[e-fitpro]

がんと悪液質による生活の乱れ

以前の自分らしさを失ってしまったことを嘆く参加者も多く、ある参加者は、「とても自立した人間から、人に頼る人間になった」と語り、この変化を受け入れることが進行中のプロセスであることを説明しました。

身体機能の変化と身体活動の減少に対して、悲哀、欲求不満、退屈、罪悪感などの否定的な感情がよく表れており、ある参加者は、犬の散歩ができないことに罪悪感を感じていました。

身体機能の変化は、ある参加者にとっては特定の社会的影響を及ぼし、ある参加者は、もうグループについていけないと感じて、社会的なウォーキンググループに参加しなくなったことに失望を表明していました。

 

例外は、転移性がんと診断される前にトライアスロンに参加し、非常に身体的に活発だった参加者です。

この参加者は、友人とのんびり散歩をするくらいの体力があり、次のように語っています。「私はただ、ここにいて、まだできることがあることに満足しています。」

 

病気に対する自覚の高まりは、しばしば悪液質の発症と結びついていました。

例えば、あるがん治療を受けた後や入院した後に、顕著な体重減少、体調不良、症状の悪化が起こったことが挙げられます。

過去にがんと診断されたことのある参加者は、早期がんであれば「気分が良くなった」「運動も含めてもっとできるようになった」と振り返っています。

「だから、あの頃はまだ普通のことができたんです。今回は…体重でかなりやられたというか。肝臓の場合は、いつもと違うから」

「昔は無症状だったのに、今は症状がある。だから、自分の中で何かが起こっているんだ・・・と思わせるような・・・違和感がある・・・自分が病気だということをより意識させるんだ。」

 

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
格安卸売通販サイト[e-fitpro]

運動は希望を与える

参加者の現在の運動量に関わらず、運動は健康やウェルビーイングに有益であると認識されていることが分かりました。

現在、運動をしている参加者は、運動への参加は達成感やプライドと関連していました。運動不足の参加者では、単に「自分には無理」と感じている人と、「運動は自分のためにできること」と考えてもっと運動することに前向きな人に分かれました。

 

運動は、自分の健康がコントロールできないと感じることが多い時に、参加者が自分の身体的・心理的健康に積極的に貢献するためにできることとして認識されていた。

「私にとって、(運動は)自分の人生をコントロールするために本当に重要なことです。」

 

運動が自分の診断に対する「個人的な抵抗」であり、心理的な健康をコントロールする方法を取り戻す方法であると述べている。

「がんに負けたと思いたくありません。」

 

高い身体活動レベルを維持している参加者は、身体活動を維持することや運動することを個人の責任として捉えていました。

「やらなければ、失う」

 

運動によって治療耐性や治療効果、さらには予後が改善されることへの期待も語られています。

「私は、運動が治療効果を高め、検査結果を改善するのに役立つと思います。私の場合は不治の病ですが…時間を延ばせるかもしれません。」

 

医療従事者からの運動に関する医学的なアドバイスや励ましは、参加者によってはモチベーションの源になり得ます。

「最初に私を診断した外科医は、「今すぐジムに行って、筋力をつけなさい」と言いました。それで、そうしました。」

 

運動は、心理的な苦痛を和らげ、精神的・感情的な健康を向上させるための戦術と見なされていました。

「よりよい場所に身を置くことができる」

「運動は自分に自信を与えてくれると思う。」

「運動は本当に良い…精神的な息抜きになる…そして、自分が経験していることよりも大きな世界があることを知ることができる」

 

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
格安卸売通販サイト[e-fitpro]

運動の障壁は多面的である

参加者はそれぞれ、現在のがんの診断に直接関連する、あるいはしばしば悪化させられる、複数の複雑な運動の障害と闘っていることを述べた。運動をしたい、あるいは運動の重要性を認識しているにもかかわらず、運動をするほど体調が良くないという課題やフラストレーションが表明された。

 

ほとんどの参加者が、疲労、消化器症状、息切れ、痛みなど、運動意欲や運動能力を阻害するような症状を同時に抱えていた。

「まあ、そういう疲労の谷の中にいると、全く運動する気にならないんですけどね。」

 

運動が症状の改善に役立つという認識が低い場合、症状が運動の障害となることが多いようです。このような場合、参加者は、症状が大幅に改善されないと運動を始められないと感じていました。

「身体的な状況が改善されれば、もう少し活動的になれるでしょう。それはとても簡単なことです。」

 

何人かの参加者は、がんの診断や併存疾患に関する運動の安全性について懸念を示しました。

「転倒したときは本当に怖かった。気がつかなかったんですが、バスルームで何度か転んでしまって…怖かったです。」

 

従来のフィットネスセンターでは、参加者の健康状態に合わせた運動オプションが用意されていないため、安全性に問題がある可能性があり、足を踏み入れるのをためらう人もいました。

「フィットネスセンターは、健康状態が異なる人たちには合わないことが多いと思う。」

 

COVID-19に感染することへの恐怖が、フィットネスセンターを含む公共の場に足を運ぶ意欲に影響を与えたと述べています。

「COVID-19がすべてを変えてしまいました…人がいるところに行くのが怖くなり、ジムに行くときの考え方が変わってしまいました」

個人に合わせた、あるいはがん特有の運動に関するアドバイスやサービスが提供されないことへの失望が、少数の参加者から強く表明されました。

「誰も何も言ってくれなかったんです。というのも、体重が減りすぎて、筋肉の張りがなくなってきたと言ったからです。」

 

運動について具体的な質問をしたけれども、医療者との話し合いがあまりに簡潔で、一般的なものであったと感じている参加者もいます。

「医療従事者からのフィードバックがほとんどない。正直言って、がっかりです」

 

がんの診断や合併症に伴う症状、バランスへの懸念、機能的な制限は、一般的な外的要因によって運動への参加が妨げられる程度を悪化させる可能性があることが示されました。

「私は今でも(配偶者に)あちこち連れて行ってもらうことにしています。だから、一人でジムに行けるわけではないんです。」

 

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
格安卸売通販サイト[e-fitpro]

運動へのアクセスとサポートが重要

身体活動レベルを向上させ、運動からより大きな利益を得るためには、一般的な運動障壁を克服するのに役立ついくつかの要因が認識された。具体的には、計画的な運動プログラムの実施、運動専門家による指導、モチベーションを維持するための社会的サポート、そして便利な運動環境の選択などが重要であると参加者は述べています。

 

参加者は、自分の病歴を把握し、安全で耐容性のある運動を処方してくれる運動専門家と一緒に働くことの重要性について議論していました。

「だから、ちゃんとできているかどうかが心配なんです。だから、「ああ、こうしたらいいんだよ」って言ってくれる人が欲しいんだと思います。」

 

何人かの参加者は、モチベーションを維持し、責任を持ち、最終的には長期的な行動変容を確立するために、運動の習慣を設定することの重要性を強調していました。

「私は時々思うのですが…予定が決まると、後戻りできなくなるんです。」

 

友人や家族を含む社会的ネットワークは、運動の動機付けの重要な源であると認識されている。

例えば、ある参加者は、配偶者が定期的にウォーキングをする励みになっていると話していました。

「一人ではなく、少人数のグループで歩くことで、息苦しくなって休憩するときなど、より安全に運動をすることができる。」

「同じような診断を受けた人たちと一緒に運動することです。」

 

遠隔による運動支援について質問したところ、何人かの参加者は、その便利さは明らかであり、管理された運動へのアクセス性を向上させる方法となり得ると述べています。

「そうですね、もし(遠隔)により(運動が)もっと利用しやすくなるなら、それが、最大の利点ですね」

 

しかし、運動専門家による身体的評価、運動に関するフィードバック、運動器具やスペースの利用といった点では、やはり対面式の運動サポートが優れていると予測されることが多いようです。

「選択できるのであれば、常に対面がいい」

 

たくさん記載しましたが、進行がん患者さんが実際に運動に対してどのように感じているかの、生の言葉なので大変参考になりますね。

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
格安卸売通販サイト[e-fitpro]

結論

The aim of this qualitative study was to capture the perceptions of exercise among patients with advanced cancer and cachexia. Our findings suggest an advanced cancer diagnosis and the experience of cachexia intensely disrupt patients’ lives, including their ability to be physically active. Despite these challenges, exercise could ignite a level of hope in participants to take back control and better manage their health and wellbeing. Barriers to exercise were multifaceted, but included living with burdensome cancer symptoms and the overwhelming impact of the COVID-19 pandemic on exercise opportunities. To facilitate exercise, participants discussed preferences for professionally supervised and structured exercise, social support, and convenient exercise options. Our study findings can be built upon and explored further in future research to improve and refine exercise recommendations and intervention design for patients with advanced cancer and cachexia.

Bland KA, Krishnasamy M, Parr EB, et al. “I want to get myself as fit as I can and not die just yet” – Perceptions of exercise in people with advanced cancer and cachexia: a qualitative study. BMC Palliat Care. 2022 May 17;21(1):75. doi: 10.1186/s12904-022-00948-x.

この質的研究の目的は、進行がんおよび悪液質の患者における運動に対する認識を把握することでした。

今回の解析では、進行がんの診断と悪液質の経験が、身体的に活動する能力を含め、患者の生活を激しく混乱させることを示唆しています。

これらの課題にもかかわらず、運動は参加者の希望に火をつけ、コントロールを取り戻し、健康やウェルビーイングをよりよく管理することができます。

運動に対する障害は多面的であったが、負担の大きいがんの症状を抱えながら生活することや、COVID-19の大流行が運動機会に与える圧倒的な影響などが含まれます。

運動を促進するために、参加者は、専門的に監督され構造化された運動、社会的支援、便利な運動オプションの好みについて議論していました。

本研究で得られた知見は、今後の研究において、進行がんおよび悪液質患者に対する運動推奨および介入デザインを改善・改良するために、さらに検討することが可能だと思われます。

 

進行がんや悪液質の患者さんが、運動に対するイメージや、障壁となるもの、希望などがよくわかるインタビューでしたね。

大変参考になる結果だったと思います。

フィットネス用品とサプリメント・プロテイン
格安卸売通販サイト[e-fitpro]
まとめ
・進行がん患者さんや悪液質患者さんの運動に対する認識についてインタビューを実施した論文を紹介。

・参加者の3分の2は、重篤な栄養不良と考えられ、身体活動レベルでは、4人(20%)が十分に活動的、2人(10%)が中程度に活動的、14人(70%)が不十分だった。

・インタビューの回答の結果は、「がんと悪液質による生活の乱れ」、「運動は希望を与える」、「運動の障壁は多面的である」、「運動へのアクセスとサポートが重要」の4つのテーマに分類できた。

・進行がんの診断と悪液質の経験が、身体的に活動する能力を含め、患者の生活を激しく混乱させていた。

・運動は参加者の希望に火をつけ、コントロールを取り戻し、健康やウェルビーイングをよりよく管理することができる。

・運動を促進するために、専門的に監督され構造化された運動、社会的支援、便利な運動オプションが必要と思われる。

注意
このブログは、ガイドラインや論文などの根拠をもとに情報を発信していく予定です。

しかし、がんの病態や治療方法によっては、お読みになっているがん患者さんにはその情報が当てはまらない場合もあります。

記事の内容を参考に新しく何かを始める場合には、担当の医師や医療従事者にご確認いただくようお願いいたします。

       興味があったらシェアしてください